【教材】AI見守りカメラを作ろう(全編)・教材のみ
5f6def703ae0f458ab3c022b 5f6def703ae0f458ab3c022b

【教材】AI見守りカメラを作ろう(全編)・教材のみ

¥18,000 税込

対象アイテムと同時購入で割引

送料についてはこちら

本商品はツクレル「AI見守りカメラコース」全編(第1章〜第6章)の閲覧権限です。 ご購入いただきました方には別途、既にツクレルのアカウントをお持ちの方には閲覧権限を、まだお持ちで無い方には閲覧権限付きのアカウントを発行いたします。 ※なお、本商品にはRaspberry Piやカメラなどの物品は付属しておりません。ご注意ください。 ■オンライン教材「AI見守りカメラを作ろう」について このコースは、Raspberry Pi (ラズパイ) でとにかく何かを作ってみたいという方向けに、Raspberry Pi (ラズパイ) を使った見守りカメラをつくることを目指します。 具体的には、AIを使ってカメラに写った人を判別することによって、普段、自分がどのくらいの時間机に向かっているのかを知らせるモノを作ります。 さらに、本コースの内容を応用することで、次のようなモノを作るための考え方が身につきます。 ペットがカメラに写ったことを知らせる トイレが空いているかどうか知らせる 赤ちゃんが特定の場所からいなくなってしまったことを検知する 会議室や飲食店の人数をカウントする ■本コースの構成 本コースは、大きく前編と後編に分かれています。 前編 開発環境の用意とAIを使った人物検知に挑戦します。 後編 検知結果を活用して、スマホへの通知といった応用的な内容に取り組みます。 後編は、LINEを使ってスマホへ通知したり、プログラムを常駐化させることで、アクセスや設定などしないで動き続けるようにすること。最後にはAIを使った物体検出(そこに物があるかどうか判断させたり、それが何であるかを判断させること)までを広くカバーし、より実践的な内容です。 ■AI見守りカメラコース もくじ 1章 開発環境の構築 2章 人の判別にチャレンジしよう 3章 滞在時間を調べよう 4章 スマホへ通知しよう 5章 プログラムを継続的に動かそう 6章 物体検出の工夫 あとがき

セット割:対象アイテム

同時購入で5% OFF